ゴキゲン♪ロンロン

介助犬候補生からのキャリアチェンジ犬 / ゴキゲン♪生活@茅ヶ崎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンロンヒストリー ⑥

20101222 pull
訓練犬・ロン Copyright ©2011 Japan Service Dog Association.
(20101222@介助犬総合訓練センター・シンシアの丘/pull訓練)


今回の記事の写真は、先日のキャリアチェンジ犬交流会でお会いできた、
ロンの訓練担当だったSさんから送ってもらいました。
本当にありがとうございます。


12月19日に初めての面会を済ませたあと、ロンロンがやって来るまで、
私はネットで色々と情報をかき集めていました。


検索ワードは、
介助犬、キャリアチェンジ、キャリアチェンジ犬、ボランティア、引き取り、シンシアの丘、里親、等々。


その中で数ある検索結果の中から「訓練犬・ロン」に関するものをいくつか発見することが出来ました。
右上にある You Tube 動画もそのときに見つけたものです。

そして、中でも貴重なのが ↓ 
http://www.ctv.co.jp/realtime/sp_kikaku/2009/08/0818/index.html
こちらからどうぞ。動画ではありません。)

これは愛知県、中京テレビでの番組内で組まれた介助犬特集で、ロンの誕生シーンが入っています。
最初の1頭めがロンです。
(ライムちゃん、lichan0724 さんもご存知でしたか???)


そして、日本介助犬協会のブログでは、ロンのパピーホームさんだった方からの投稿も!
http://www.peppynet.com/sns/view_diary_5613_35223/
こちらからどうぞ。写真があります。)


上の写真が、そのブログに、訓練風景として載っています。
http://www.peppynet.com/sns/view_diary_5613_46424/
こちらからどうぞ。記事を書いているのが、当時は研修生だった担当のSさん。)


ロンが来るまでの間にこうやって検索し、情報を見て、読んでいくうちに、介助犬について学ぶこともできたのはいい機会だったと思います(あくまでも、「キャリアチェンジ犬」という視点からのものなのですが)。

というのも、ロンを引き取ることによって、キャリアチェンジ犬ならではの、人との繋がりを知ることが出来たからです。

そもそも、介助犬を含む補助犬の育成は、大概に於いて、ボランティアの人々の支えが基盤です。

介助犬候補生のロンも、
繁殖ボランティアさんのところで生まれ、
パピーホームボランティアさんのところで育ててもらってから訓練センター、シンシアの丘に入所。
そこでも、きっとボランティアの方々に訓練以外のたくさんの事をお世話していただいたことでしょう。

キャリアチェンジしてうちに来るまでの間は、一時預かりや、生まれたところのボランティアさんのお世話になったとお聞きしています。

そして私自身も、キャリアチェンジ犬を引き取るという、これもやはりボランティアです。

訓練犬・ロン、1頭ですら、こんなにたくさんの人が関わっている、
そして、私もその関わりに繋がっている。

そう思うと、ロンを引き取るということに改めて責任の重大さを感じずにはいられませんでした。


20101222 push
訓練犬・ロン Copyright ©2011 Japan Service Dog Association.
(20101222@介助犬総合訓練センター・シンシアの丘/push訓練)


と、同時に勿論、めいいっぱいかわいがる気満々で、ロンロンを迎える日が来るのを待っていました。

この頃から、私たち夫婦の間では、「訓練犬・ロン」は「ウチのロンロン」。

周囲のワン友だちには、もちろん嬉しい報告を。

その上、このときまだこのお方とは初対面だったにも関わらず、こんなに喋ってしまってるのが、相当の浮かれ気分を表していて、今になって少し恥ずかしいです。











関連記事
スポンサーサイト

| ロンロンヒストリー | 21:11 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

色々見させていただきました。
赤ちゃんのロンロン♪たまりません♪
産まれたての うる は見る事出来ないので羨ましいです!
パピー。チェンジ犬。引退犬ボランティアは知っていたけど…裏舞台は全く
未知の世界だったので勉強になります。誕生からパピー、訓練のロンロンを見て…行く末。メダリストになろうとは…(泣)
あ…近日公開。しばしお待ちをm(_ _)m
ところで介助犬等をパートナーに迎えられる年齢は日本では何歳からなんですかね?

| うるママ | 2012/11/02 22:52 | URL |

>うるママさま

金メダリストの誕生の瞬間、ご覧くださってありがとうございます。頑張ってリンク貼りまくった努力が報われます(涙)。

介助犬になれる年齢って事ですかね?
ワタシもまだ不勉強なので、具体的にはわからないんですが、ロンロンの妹が介助犬の認定を受けたのは、確か2歳半ぐらいの時だったようです。
やはり一定の訓練期間は必要なんですね。

金メダリストの妹は介助犬。
ーって、同列に並べていいはずないです(泣)。



| チャリロン | 2012/11/02 23:29 | URL |

>うるママさま

あ、人間の方の年齢でした???
あー、気にした事なかった、それ!!!
制約ってあるのかな???
一度、横浜でお見かけした盲導犬と一緒にいたお姉さんは、多分、あれは学校の制服姿でした。

| チャリロン | 2012/11/02 23:35 | URL |

そうです。迎える側の人間ですね。
先日TVで何処かの国では基本5歳から
介助犬をパートナーに出来るらしいんですが事情により、特病を持つ3歳の子が認められ、介助犬をパートナーに迎えてました。3歳の子をみるのは人間でも大変です。も~驚きでした。
人間は24時間ついてくれる事は無いけど犬には出来ちゃうんですねぇ。
はい。ロンロン君素敵です。
メダリストにチェンジした事は…無かった事になりませんかね^^;

| うるママ | 2012/11/03 00:44 | URL |

いや~ロンロン良い写真だ~ね~v-238本日の〆の感動v-218

| カールママ | 2012/11/03 22:18 | URL |

妹は介助犬・・・
ロンコは海上犬?

| 大和母 | 2012/11/04 23:36 | URL |

コメントありがとうございます。

しばらくネット環境と離れていたためお返事放置でごめんなさいです。


>うるママさま

なにげに色々知ってるママさん。単に面白い人で終わらないところがカッチョイイです。
でなきゃなかなか出ませんよね、マーライオンなんて(笑)。

しかし3歳児ってすごい。コマンドってやっぱり出すんですかね。でもそれを社会全体でちゃんと認めてる国ってやっぱりすごい、素晴らしいと思います。



>カールママさま

感動のロンロンヒストリー、まだもうちょうい続きますからね、お付き合いどうぞ宜しくお願いします。
ハンカチ、乾いてますか(笑)???


>大和母さま


どこのおっさんのダジャレかと・・・。
(しかもなんか「ボソッ」とした感じで。)
名前、もう一回確認してしまいました(笑)。




| チャリロン | 2012/11/05 23:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ch24charo.blog.fc2.com/tb.php/42-971be62e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT