ゴキゲン♪ロンロン

介助犬候補生からのキャリアチェンジ犬 / ゴキゲン♪生活@茅ヶ崎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンロンヒストリー ⑦

P2202221.jpg
(20110220@自宅)

まだお顔に幼さが残っているような気がするロンロン。
ようやく我が家にお迎えすることが出来ました。


お迎えしたといっても、最初1週間めは「お試し期間」となります。

この間に、お互いの性格をつかんだり、生活のペースをつくっていこう、といったところでしょうか。
実際に生活してみて、最終的に合う、合わないを判断する期間のようです。
もしこの期間中にお互いに不都合があったりした場合には介助犬協会に相談することになります。

「正式譲渡」はこの期間を終えてから。

確かにこのワンクッションをおいた方が
飼い始めてからの「こんなはずじゃなかった」という結果を防ぐことが出来ます。
「やっぱりダメでした」と言うのは勇気がいるものですが、お互いのことを考えるならば、そういった冷静な判断が必要なこともあると思います(♂♀関係と同じようなもんですか)。


P2202223.jpg
(秒殺。)

さて、このお試し期間の間は、介助犬協会から犬用品一式をレンタルすることができます(消耗品含む)。
私達がお借りしたのは、全体の一部だけでしたが(以下のもの)、

・ドッグフード
・オヤツ
・リード・首輪・ハーネス
・オモチャ
・グルーミング用品(ブラシ、爪切り、耳洗浄液など)

他に食器、タオル、お散歩用バッグなどもありました。

この中で、助かったのは「ゲージ」です。
やはりこれは私達が用意するものより慣れた物の方が確実だと思い、今でも同じ物をそのまま使っています。
(介助犬協会には新しい同品を購入して返却することにしました。)

そしてに参考したのが首輪。
レンタルされた首輪には介助犬協会の電話番号と「J.S.D.A」という略称が刺繍されていて、それを私も真似している訳です。

ただ、その刺繍をどこでやってくれるのか、まったく見当がつきませんでした。
(革製品とかなら購入時にやってくれるペットショップもあります。)
どうしようかと思っていたところ、「ユニフォーム刺繍やってるスポーツ洋品店ならやってるくれるよー」、とナイスなアドバイスを友人よりいただきました。
(それがコレ。)

首輪なら確実。
失くすかもしれない、また失くしてもがさつな私には気付かないかもしれない迷子札より確実だと思っています(笑)。

P2222248.jpgP2222249.jpg
(20110222@茅ヶ崎ヘッドランド・湘南男子デビュー!)


さて、ロンロンと私たちの場合は、特に不都合なくこの期間を過ごすことが出来ました。

とはいっても、私自身、そしてロンロンも、今思い返せばお互いに気を張っていた期間ではありました。

今なら笑ってしまうくらい、私自身、小さなことに一喜一憂してばかりいて
ゴハンは全部食べてくれた、とか
トイレの回数はちゃんとこれでいいんだろうか、とか
ベッド(ゲージ)の位置はここでちゃんと落ち着いていられるだろうか、とか。
(そのたびにいちいち話を聞いてくれたオット、ワン友達、ありがとうございました。)

そしていちばんの心配がお留守番でした。
迎えて3日間は私も仕事を休み、短時間のお留守番をさせたりして様子をみていましたが4日目、初のお留守番の日。
お隣の方に「もしも」の時の連絡をお願いして出勤することに。

「ちゃんといい子にして寝てるよー。」のメールを貰った時の安堵は忘れられません(笑)。

そして自宅に帰ったとき、尻尾を振ってお出迎えしてくれたロンロン。
この「ウチに犬がいる!」という幸せ。



2011年2月19日にお試しのお預りとなったロンロンの正式譲渡は2011年4月23日。
(2月の天候不順と震災があって延びてしまいました。)







ようこそ、我が家へ。














*また肝心なところで日付を間違えてしまいましたので訂正しておきます(涙)。
関連記事
スポンサーサイト

| ロンロンヒストリー | 21:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

またまた感銘!

ロンロンヒストリーを読む度に、ママさんがすごく真面目に考えてロンロンを迎え、悩み試行錯誤を繰り返し...っていうのが、よくわかります。
頭が下がる思いです。

ほら、私の場合、「とりあえず飼っちゃえ」だったから。

犬一匹の譲渡に、これほどまでに細かい配慮が必要だったとは、思いもよりませんでした。



| Eddie's mom | 2012/11/20 22:19 | URL |

>Eddie's mom さま

エヘッ(照)。なんつって、
でもワタシも多分「キャリアチェンジ犬」っていう選択をしなかったらやっぱりここまで考えることはなかったと思います。
色々リサーチやら手続きやら進めていくうちになんかこう・・・。

で、悩み試行錯誤を繰り返して、今のロンロンなわけですが。

ちょっと残念な気がしないでもありません…。

| チャリロン | 2012/11/20 23:51 | URL |

ロンロン幸せだねv-22もちろんパパ、ママさんもv-218

| カールママ | 2012/11/21 12:53 | URL | ≫ EDIT

>カールママさま

毎度ありがとうございます♪
涙腺、ゆるませてくださいましたか(笑)???

| チャリロン | 2012/11/21 13:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ch24charo.blog.fc2.com/tb.php/50-c9c789ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT