ゴキゲン♪ロンロン

介助犬候補生からのキャリアチェンジ犬 / ゴキゲン♪生活@茅ヶ崎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンロンヒストリー ⑩

P6080104.jpg


介助犬候補生からのキャリアチェンジ犬ロン。
キャリアチェンジが決まった段階での訓練レベルは②。
つまり、基本的な訓練(排泄・座る・伏せ・待つ etc )はちゃんと出来ている状態から我が家にやってきました。

ですから、一般家庭での、現実的な生活レベルで困ることは殆ど無いといってもいいくらいです。
ヒストリー⑤でも述べましたが、当初は家にいるときも、お散歩のときにも、困ること心配することはありませんでした。

ですが、そのロンロンに安心しきった私自身の失敗によって、「これはマズイ」と思う事が増えてきてしまいました。


今回はまったく個人的な、ロンロンの困ったことが出来ちゃった、のお話です。


P6080106.jpg


大きくまとめると


1.決まった時間、決まった場所での排泄(自宅敷地内)をしなくなる。

トイレトレーニングもちゃんと出来ていたはずなのですが、私が「お散歩の時にしてもいいよ~」という態度でいたために、トイレは外で済ますもの、という認識になってしまいました。

せめてオシッコはトレーニングやり直し!と、頑張ったものの、自宅で済ませるのは夜の就寝前と朝、私が出勤する前のみ。
それもかなりご機嫌を取り、タイミングを見計らい、多めのご褒美オヤツが必要となります。


2. 苦手、キライな犬に吠え掛かるようになる。

お散歩中、このような事がこの数ヶ月の間で増えてきてしまいました。
特定の犬種に対してが殆どなのですが、その犬種以外の犬にもすれ違うとき、毛を逆立てて緊張し、威嚇しようとするときがあるようになってしまいました。

これもまったく、私の油断とロンロンへの手抜きからなるもの。
いくらスルー出来ていたとはいえ、ロンロンだって吠え掛かられっぱなしで平気なわけはありません。
ちゃんと誉め、励まし、安心させてあげられてなかったんだと気付きました。

この件に関しても、トレーニングやり直し!と、犬同士すれ違う時はロンロンに気を使うようになりました。
おかげで最近はまた吠える事が少なくなったと思います。


3. ひとりで置いていかれるのはイヤ。

これは、場合が限定されるのですが「夫と私が、車で出掛ける」のが、もう本当にイヤ。
ですから日常の、私たちが仕事で留守にする場合は平気です。

ロンロンが来てから1ヶ月経たない頃に、3.11の大震災が起きてしまいました。
地震が起こったとき、私はもうその日の勤務を終えて自宅に居られたのでよかったのですが、
その後の余震なども多いうえ、いかんせん住まいは海沿い。
万が一を考えて、どうしてもロンロンを一人で留守番させる時間を極力減らす方向へ、とばかり考えていました。

私は勤務日以外に一人では外出せず、車で出掛ける時は必ず一緒。
夫の会社もその年の夏は計画停電により、交代での夜勤勤務があり、日中、私が留守でも夫は家に居る状態。

夏も終わりに近づく頃、「じゃあ、近くのスーパーへ買出しに。」と夫と2人でクルマに乗ったら、家に残されたロンロンが悲鳴をあげていました。
一瞬、何の声だか音だかもわからず、まさかロンロンがそんな状態、心境になっているとは思いも寄らず、
「近くだし、とりあえず30分。きっとあきらめて大丈夫なはず。」と行って帰って来たら、
イヤガラセか、部屋の入り口のマットにオシッコ。


P6080107.jpg


これはマズイ、と夫と2人で、まずは短い時間のお留守番からチャレンジすること数回。
3回目まではオシッコされ(必ず同じマットの上というのが意思表示だと思います)、
4回目はこっちの方が安心するだろうとゲージに入れて外出したら(1時間弱)、その時は胃液まで吐いてしまいました。

後から、お隣の方に
「この間誰か来てたの?ロンロンがなんかずっと吠えてたからさ~。」と聞かれる始末。

それからは2人だけで車での外出はしていません。
多分、それもまた良くないんだろう、でもどうすればいいのか、という思いと、
まあ何とかやっていけるか、という思いと半々です。


P6080109.jpg


そんなロンロンがキャリアチェンジとなった性格上の理由は
「我が強い」だそうです。


うーむ。納得。



このお話の続きと私の反省はまた次回へと続きます。












関連記事
スポンサーサイト

| ロンロンヒストリー | 15:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

我が強い(笑)もしかしたら
ソレかな?って思ってました(笑)
私は我が強い人もワンコも好きですけどね。命を預かるワンコにはout(泣)
厳しい世界ですね(泣)
うるも排泄マテ伏せハウス等訓練済でしたが私達が外での自由な排泄をさせて来たので自由気まま。
ところで最近ロンロン君の表情が変わった気がします。
どんどん穏やかになりますね。
ワンコは日々やる事、表情が変わるので楽しみです(*^^*)

| うるママ | 2013/01/18 23:05 | URL |

> うるママさま

はいー、そうなんです。我が強い(泣)。
性格、性質の他の部分はかなりイイ線いってると思うんですが、仰るとおり、介助犬としては。ホント、ハードルが高い世界です。

うるぼんも、もうゴキゲン海岸でも笑顔ですよね♪
ガラス強度が増したようで嬉しいです!
それ以上に笑顔なのがノリノリロンロン(泣)。
困ったちゃんネタにしようかどうしようかと迷いますが、どうでしょう。どうしましょう。

| チャリロン | 2013/01/19 00:25 | URL |

ロンロン君の訓練レベルは②なんですね!
我が家のオクシーさんは入学式?当日にキャリアチェンジ?って思われたそうです(^_^;)笑
オクシーのキャリアチェンジの理由は興奮癖と適応能力の低さでした。

オクシーも我が家に来てからよく吠えるようになってしまいました(´Д`)
子供の躾も犬の躾もなかなか難しいものですね(´・ω・`)トホホ

| rina mama | 2013/01/19 22:12 | URL |

> rina mama さま

そうなんです、「ウチに来てから」っていうのが困るんですよね。
って、それはワタシの責任ですが。
訓練するのはロンロンじゃなくてワタシです(涙)。

| チャリロン | 2013/01/20 00:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ch24charo.blog.fc2.com/tb.php/76-b8ab3abd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT