ゴキゲン♪ロンロン

介助犬候補生からのキャリアチェンジ犬 / ゴキゲン♪生活@茅ヶ崎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンロンヒストリー ⑫

P6140118.jpg
(20110614)


介助犬候補からキャリアチェンジ犬としてロンロンが私たち夫婦のもとにやってきて、
丸2年が経ちました。


画像 318-2
(20110815)


具体的にキャリアチェンジ犬をパートナーとして迎え入れることをお考えの方や、
キャリアチェンジ犬を迎えることを選択肢のひとつに考えている方へ、
少しでも何か参考になればと思って始めたこの「ロンロンヒストリー」。

この辺でそろそろ一区切りしようと思います。


P2120379.jpg
(20120212)


あえて付け足すならば、
『キャリアチェンジ犬だから』というのでもなく、『キャリアチェンジ犬として』でもなく、
ただ、「今、家族として一緒にいられて、とても嬉しい。」ということです。

「うちに来てくれて、本当によかった。」
きっとキャリアチェンジ犬ボランティアの家族皆さんがそう思っているはず。


ですよね???


P3140526.jpg
(20120314)


最後はキャリアチェンジ犬を通して、『補助犬』について思うことを少しだけ。


前回のコメント欄にもいただきましたが、
現在、介助犬、盲導犬、聴導犬の補助犬の実働登録数は
盲導犬:1,043頭
介助犬:62頭
聴導犬:42頭
(2013.2.1現在)
*厚生労働省ホームページより抜粋*
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/html/b04.html

数字だけ見てもピンと来ないかもしれませんが、海外(特にアメリカ、ドイツ)と比較してみると、
日本に於いての補助犬全般の普及は決して高いとはいえないのが現状です。

その理由のひとつが、(反対意見を含む)補助犬に対する世間の認知・理解度の低さ。
私自身「プップ袋」のことを知るまで、「介助犬」という補助犬を知りませんでした。


P4130690.jpg
(20120413)


ですが、やはりキャリアチェンジ犬・ロンロンと一緒に暮すようになってからは、どうすればもっと介助犬(補助犬)への認知・理解が増すだろうかと思うようになりました。

実際(多少、性能上の問題はあるものの)、五体満足で心身ともに健康な私自身が今、犬=ロンロンというパートナーを得て暮らすことで、とてもいい毎日を送ることが出来ています。

だったら、なおさら障碍がある人の生活も、もっと広がるのではないだろうか。
そういった人も犬と一緒に暮らすという喜びがあっていいじゃないか、と。

犬というパートナーを持つことで幸せの度合いが増すのは、障碍を持つ人も持たない人も同じ。

「犬と一緒で幸せになる人たちが増えますように。」
キャリアチェンジ犬を引き取った、ただちょっと犬好きであるだけの私の、単純な意見として言わせてもらうならばこんな感じで。


P4150712.jpg
(20120415)


そんな思いで、これからも介助犬を、ささやかながらボランティアとして応援していきます。


PC230370.jpg
(20121223)


今現在の介助犬 1/62 は、ロン( LON )の同胎の妹、リーフ( LEAF )。


P2200347.jpg
(20130220)


きっと、今日も頑張ってます。











ね。
logomark_1208a.jpg






















関連記事
スポンサーサイト

| ロンロンヒストリー | 02:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日本の認知度の低さは何が原因なんでしょうね。
海外とはケタ違いの数の少なさ。又
いつか言っていた様に情報源の少なさ…?でしょうか。
実際私も盲導犬は何度か見かけても仕事をしてる介助犬や聴導犬は見た事は無いです。実際見る事の無いモノに理解するのは難しいですよね(泣)
そうですねまず、ただ。犬と暮らす事がこんなにハッピー♪ウーピー♪だって事を実感して頂きたいですね♪
感動して読んで行くうちに赤白帽が現れ涙が出ました(泣)
オジサン…『ナゼ…ナゼ今赤白帽…(泣)』

| うるママ | 2013/02/26 23:22 | URL |

> うるママさま

最後までヒストリーにマジメなコメントをありがとうございました。
ママさんからのコメントで、ワタシもより考えるようになったのはホントです。
介助犬の認知度UPはやはりまだこれから、という感は否めません。
よって、これからもロンロンは介助犬のキャリアチェンジ犬だとアピールしていきます。どんなにリンリンブログで「(泣)」をみても(泣)。

赤白帽。最後にマジメになりきれなかったワタシの性格。
おめでとうございます、ワタシ(泣)。


| チャリロン | 2013/02/27 12:34 | URL |

ロンロンヒストリー一区切りですか、数々の感動を有難うv-344 
一頭の使役犬まで作り上げるのはたくさんの方達の愛情と努力があってこそ。
応援したいよねe-267
赤帽可愛すぎe-278

| カールママ | 2013/02/27 12:36 | URL |

> カールママさま

とりあえずこの辺で一旦終了でっす。
いつも読んでくださってありがとうございました。
「キャリアチェンジ犬」としては終わりにしますが、これからも補助犬については、また思った事とかを記事にしていこうと思います。

赤白帽。なんでこう大事な時にハズすんでしょうね、ワタシ。

| チャリロン | 2013/02/27 12:46 | URL |

ステキすぎる

ロンママさん
私も同じっす。じぃぃぃぃんと来ますなあ

気持ちの中で彼が我が家に来るまでの歴史を気にしてて意識の中にありましたが、キャリアチェンジ犬でも家庭犬でも、人間と犬が支え合って
生活している事は変わりないですもんね
頑張ってる補助犬達とは比較にならないけど
どんだけぇ〜と叫びたいほど ワンコには心も身体も助けられてます。

おかげさまで我が家も順調に蜜月関係続行中だよん
って 独りよがりかもしれませんがね

| まっちくん | 2013/02/27 20:56 | URL | ≫ EDIT

> まっちくんさま

コメントありがとうございます!
そう言って頂けて、もう何とお返事すればイイのか。
でもきっとまっちくんさんも同じように思ってるだろうな、とか勝手に想像して励みにしてました(笑)。

りくちんとの蜜月、ずっと蜜月ですね(笑)。
独りよがりかも???
ワタシもですぅー(笑)。

| チャリロン | 2013/02/28 01:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ch24charo.blog.fc2.com/tb.php/96-2dde2eda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT